後悔しないお得なプロバイダーの選び方

プロバイダーって何?

ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)とはインターネットに接続する通信回線を提供する業者のことです。インターネットを利用するためにはTCP/IPという通信プロトコルを用いて接続する必要があります。接続の仕方は大きく分けて専用接続線とダイヤルアップIP接続があります。そして、プロバイダも大きく分けて通信回線を所有する1次プロバイダと1次プロバイダから購入してユーザーに賃貸している小規模事業者を2次プロバイダと分けて呼ばれます。

ただ、インターネットにつなぐために必要な知識としてはインターネットとパソコンをつなぐためには間に業者を入れる必要があるとだけ覚えておいてください。そしてその業者は非常にたくさんあり、サービス、価格競争なども激しく、しっかりと比較しなければ、インターネットにつながるまでの時間、価格なども大きく異なるため、インターネット環境がより良いものになりません。

供給者という意味合いがあるプロバイダーは、インターネットにパソコンやタブレットなどをつなげてくれる業者のことで調べていくと様々な通信会社を見つけていくことができます。そもそもインターネットというのは自宅や会社のパソコンにLANケーブルや無線LANから電波を飛ばして回線接続を行っていきますが、その先はプロバイダーへつながっていきます。こうしてインターネットのサイトを見ていくことができますので、プロバイダーは欠かせない存在となっています。

インターネットをする際に出てくる言葉が多数出てきますが、その中でもプロバイダーという言葉をよく聞くことでしょう。しかしプロバイダーはとても大切な要素となっていますので、経済的にも楽にしていきたいという時には、プロバイダーのサービス内容等をチェックして長く付き合っていけるところを選択していきましょう。というのも、自分が使っていく際にスケジュールやライフスタイルなどを確認しておかないと費用は予想以上にかかってしまいます

ネットサーフィンが好きという人と、仕事などでメールが中心になっているという方では、通信を行っていく時間や情報量が大きく異なっていきます。そのため通信形態なども速度が速かったり、接続状態をしっかりと維持してくれるプロバイダーがあります。料金も差がありますので、多くのプロバイダーの情報を確認していくことが大切になっていきます。

通信形態の選び方として、ネットサーフィンまたはメールをよくしているという方はADSLを採用していくといいでしょう。適度な速さかつ通信状態も安定していることで知られています。また使用する際に気になる料金も安くなっていますので、初心者でも利用しやすい通信回線と言えます。そして映画やドラマ、音楽などをよく聴くまたはダウンロードして購入しているという方は光ファイバー通信を活用しているプロバイダーに申し込むといいでしょう。

通信速度が非常に速くなっていますので、大容量のデータのやり取りがスムーズに行うことができます。快適にインターネットを活用していくことができます。近年通信速度だけでなく、安定性も優れてきていますので多くの通信会社で光ファイバーの回線を提供しています。ただ郊外では利用できないケースもありますので、申し込む際にはプロバイダーが対応を行っている地域かどうかを確認してから申し込んでいくといいでしょう。賃貸マンションなどでは事前に回線が利用できるところもありますので、物件探しをしながら相談をしてみるのも効果的です。

プロバイダー契約は必要か?

プロバイダー契約はどうしても必要となります。インターネット接続に関して仲介する立場になるためで、加入は必須条件となることを忘れてはいけません。そもそもプロバイダーが何か分からないという方もいることでしょう。プロバイダーというのはインターネットを接続していく業者の事を指していますが、インターネットサービスを提供しているプロバイダーということで、ISPと略していることもあります。様々な回線を活用したり、データ通信専用の回線を利用しながらインターネットに企業や家庭で使用しているパソコンを接続してくれます。そのためプロバイダー契約というのは必要不可欠となっています。

契約をした際に、プロバイダー業者から付加サービスも提供されることがあります。代表的なのはメールアドレスで、独自のアカウントによってメールアドレスを発行してくれることでしょう。またホームページを開設したいという方のためにディスクのスペースを無料で貸し出すこともあります。これで独自のポータルサイトを開設していって、独自にコンテンツを作り出すということもできるでしょう。

そんな中でプロバイダー契約を選ぶ基準を間違えてはいけません。まずは料金面ですが、インターネットを利用する頻度や容量をチェックしていきましょう。月額で使用料を支払っていくことになりますが、プランを間違えてしまうと予想以上に使いづらくなってしまったり、料金が増えてきてしまうというケースがあります。月額で1000円違ってしまうということもありますので、じっくりとプランを選びましょう。

次に通信速度を見ていきます。通信速度もインターネットを利用していく際に気をつけなければならないポイントの一つであり、プロバイダーが提供しているインターネットで利用していく回線は多くの種類があります。回線速度の上昇によって料金も変化しますので、バランスを見極めながらプロバイダー契約をしていきましょう。

プロバイダーを定期的に変えよう!

あなたは、このサイトをどのプロバイダーを利用して閲覧していますでしょうか?なぜ、そのプロバイダーを利用しているのでしょうか?特別な理由がない限り今すぐプロバイダーを変更するとどんな利点があるか御存じですか?

プロバイダーというのは長期間利用してもなんの見返りものありません。つまり、長年利用していようがそのメリットはないという事なのです。プロバイダーも日本だけでも沢山の会社があります。どこも利用者を増やそうと躍起になっています。

そのため、各プロバイダー、代理店は様々なキャンペーンを実施しているのです。そのキャンペーンを最大限受けるためにプロバイダーを定期的に変更する必要があるのです。長年利用してもメリットがないのですから定期的にこのキャンペーンを受けたほうがお得なのは言うまでもありません。

そのキャンペーンもかなり魅力的です。数万円のキャッシュバック数万円もするゲーム機、などかなり嬉しいキャンペーンが多いのに本当に驚かされると思います。

ただし、毎月のようにプロバイダを変更してキャンペーンの恩恵を受けまくるという荒技はさすがに許してはもらえません。大抵は何年かの縛りがあり、その期間に解約すると解約違約金を支払わなければならないことが多いのです。

その期間は2年間が一般的です。逆に言えば2年に一回はそのキャンペーンの恩恵を受けられるという事なのです。私も数年前に気付いた事なのですが、よく考えれば10年間は同じプロバイダーに加入しており、そのプロバイダーに加入し続けている意味を考えたことはありませんでした。5回はその恩恵をうけれたのに・・・。定期的にプロバイダーを見直すことは得するためには絶対に必要な事です。


今のプロバイダーを確認しよう

インターネットを活用しているならば、利用しているプロバイダーについて契約内容などを常に確認しておきましょう。自分が一体どこのプロバイダーへ契約を行っているのか分からないというケースは、実際のところ多く存在しています。国内で展開しているインターネットが利用できるプロバイダーは多数ありますが、確認する方法はあります。

携帯電話会社であったりインフラ提供を行っている会社以外にも、様々な付帯サービスなどを展開している規模が小さいプロバイダーも非常に多く点在しているのが特徴的ともいえる業界となっています。インターネット接続でプロバイダーを利用していくためには、契約を考えていかなければなりません。そのためには最適な業者を選択していきますが、どうしても忘れてしまうこともあるでしょう。

利用しているプロバイダーを確認する方法は色々とありますが、家電量販店などの店員にインターネットの接続で利用しているプロバイダーはどちらになりますかと聞かれることもあるでしょう。自分が利用しているプロバイダーについて確認する方法として、あらかじめ契約書を確認しておくのがいいでしょう。

多くの書類をプロバイダーと契約を行う時にもらうことができるため、封筒などへまとめておくといいでしょう。しかしプロバイダーを契約書で確認していないという時、料金の請求書などでも簡単に見ることができます。領収書がないといっても銀行による引き落としをしているのであれば、支払いを行ったプロバイダー先が記載されています。そのため通帳を定期的にチェックしていくと、すぐに見つけていくことができるでしょう。確認していく方法は非常に多いということを理解しておきましょう。

それ以外にもパソコンのプロバイダーを行う方法があります。それはアドレスから判別をする方法です。アットマーク以降に記載されている内容をチェックしていくことで、どこのプロバイダーに加入しているかをチェックしていくことができます。サイトの中でIPアドレスをチェックする時、プロバイダー名のついているドメインを確認することができます。これでプロバイダーを確認することができるでしょう。また使用しているメールアドレスでもプロバイダー名を使っていることが多いため、メールアドレスをチェックしておくといいでしょう。

直接プロバイダーへ電話して聞いていくのも確認方法の一つです。利用している回線についてモデムを利用していれば、そこから現在利用中のプロバイダーを聞いてみることもできます。ひとつの手段として知っておくといいでしょう。しかし事前にプロバイダーの契約内容を確認しておくのが手っ取り早く確実な方法となっています。内容も把握しておけば、新たなプロバイダーへ変えていこうと考える時にもスピーディーな判断を行うことができます。

また、インターネットで確認することができます。サイトで情報を見ることができるものもあり、クライアントホスト名をチェックしていきます。すると加入しているプロバイダーを見ることができますので、インターネットをいじりながら見ていくことができるでしょう。

更新履歴

 6月20日 契約する特典とキャンペーンを更新しました
 5月14日 フレッツ光の速度を追加しました
 4月29日 wimaxのエリアについてを更新しました
 1月15日 SANNETを更新しました
 1月12日 So-netを更新しました